サプリメントで摂ろう

体質をチェック

レディ

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持つということで知られており、女性ホルモンを補うために大豆製品やイソフラボンのサプリメントを摂取しているという人沢山います。
健康に良いことで知られているイソフラボンですが、誰にも同じような効果が得られるというわけではありません。
食事から摂ったイソフラボンがダイゼンとして吸収される人とエクオールとして吸収される人があり、エクオールで吸収されたほうがより高いエストロゲン活性を持つとされています。
エクオールは女性ホルモンに似た働きを持っており、更年期の症状の改善、骨粗しょう症の予防、メタボ予防、前立腺への作用などがあり、女性の健康にはもちろん、男性の健康維持にも役立ってくれます。
そしてエクオールを作れるという人は日本人では50パーセント程度とされています。
エクオールが作れるかどうかは検査で知ることができますが、病院でも行うことができますし、郵送検査でもチェックできますので、まずは体質を調べてみてはいかがでしょうか。
エクオールが作れるタイプの人はこれからもしっかりと大豆製品を摂っていきたいですが、作れない体質の人はエクオールそのものを摂取できるサプリメントがありますので、サプリメントから直接摂取することも考えてみてはいかがでしょうか。
エクオールを作れる体質の人も毎日しっかりと大豆製品を摂るのは難しいものもありますので、サプリメントも上手に活用したいところです。

作れない人の救世主

服用

年を重ねることによって起こる更年期障害は、更年期を迎えた人にとって大きな壁となります。
偏頭痛や気分の落ち込みなど、心身の至る所に不調が表れます。
また、人によっては、毎日を生きる気力がなくなるのではないかと思えるほど、辛い症状になることもあります。
加齢から来る問題に打ち勝つ、自分でできれば最高ですが、実現は難しいでしょう。
自分では改善することが難しいからこそ健康成分が頼れます。
その成分の一つとして、エクオールというものがあります。
これは、更年期障害の症状を緩和する働きがあると注目を呼んでいる成分です。
更年期障害の多くは、ホルモンのバランスが乱れることによって起こります。
とくに女性は妊娠や出産など特有の現象があるため、ホルモンバランスを崩しやすく更年期障害の影響が強く出ます。
エクオールは体内に入ると、ホルモンバランスの調整をします。
それにより、乱れたバランスを元に戻すことで、更年期障害が改善できるわけです。
厳密にいうと、エクオールの働きは減少した女性ホルモンの代替です。
つまり、エクオールが女性ホルモンと同じことを体内で行うわけです。
人手不足で困っていたところに助っ人が来て状況が好転、そんな感じで体調をよくしてくれます。
そんなエクオールは人の体内でも合成されますが、遺伝や体質によって作れる人と作れない人に分かれます。
体内でエクオールを作れない体質の人は症状が強くなりやすいです。
更年期障害が辛いという人が、エクオールの摂取で改善することが多いのはホルモンバランスの調整作用を補うからです。
これが更年期障害の対策としてエクオールが注目される大きな理由です。

体内で作れない人もいます

ウーマン

大豆製品に含まれるイソフラボンが、女性の身体にとって大切だということは多くの方々がご存じでしょう。
簡単に言えば、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをします。
このイソフラボンには実は種類があります。
ゲニステイン、グリシテイン、ダイゼインの3種類です。
このうちダイゼインのみが、人の腸の中の細菌によって代謝され、エクオールが生まれます。
このエクオールは、大豆イソフラボンそのものよりも働きが強いことが特徴です。
エストロゲンが体内で過剰にある場合には、エストロゲン受容体の1部分に入り込んで、エクオールが、エストロゲンの強い働きをやわらげます。
また、その逆にエストロゲンが足りないとき、やはりエストロゲン受容体に入って、血管や骨、あるいは、お肌や脳などを守ってくれます。
こんなにありがたいエクオールですが、体内で作ることができる人と、できない人がいることがわかってきました。
昔から大豆製品を摂ってきた歴史を持っている日本人の場合には、約5割の人が体内で作ることができると考えられています。
問題は、体内で作ることができない人たちです。
なぜ作れないかと言えば、腸内細菌と深い関係があると思われます。
残念ながら体内で作れない人は、大豆製品をいくら摂ったとしても、エクオールとなるダイゼインは身体に吸収されてしまうため、大豆の健康効果を最大限に発揮させることは難しいのが現実です。
もちろん、体内で作ることができても、そもそも大豆製品を摂らなければ、やはり大豆の健康効果は生かされません。
自分の身体で作り出せない人のために、エクオールを健康食品等にすることが進められています。
作り出せる人でも常に同じ分量を作れるとも限らないため、上手に生活に取り入れれば健康効果が期待できることもメリットです。
女性特有の問題を少しでも解消するため、サプリなど賢く利用するのはおすすめです。