眼病の予防と改善

サプリメントの活用

女性

加齢や生活習慣、パソコンやスマホなどによる、有害な光の影響を受けながらの目の酷使などによって、色彩に鋭敏な錐体細胞という細胞が、多く存在する網膜の中心部の黄斑部に悪影響を及ぼしています。
それらの悪影響によって発生する活性酸素を消し去る事が出来るのが、視力や色覚などの視覚の多くを司る黄斑部に、多く見られるルテインです。
しかしながらルテインは、人間の体内で合成する事が出来ませんので、加齢や生活習慣によってどんどん消費されてしまい、網膜の変性に繋がり眼病を引き起こす原因となってしまいます。
ルテインは、緑黄色野菜やお茶などに含まれており、普段の食事などでも摂取が可能ですが、水には溶けにくく油に溶けやすい性質を持っていますので、効果的な摂取法を考慮する必要があります。
また、パソコンやスマホが必須の現代社会に於きまして、普段の食事のみで必要なルテインを摂取する事は、難しいのが実情となっています。
その為に、目の加齢が進み若い世代にも、加齢により起こる眼病を患ってしまうケースが、増加傾向となっています。
そこで、効果的にルテインを摂取し眼病の予防や改善をする方法として、多くの方の支持を集めていますのが、市販のサプリメントの活用による摂取です。
しかしながら、市販のサプリメントの活用により、ルテインを摂取する場合に注意しなければならないのは、過剰摂取による副作用です。
ですから。
1日の摂取量の目安となる6mgと言う数値を念頭に置いておく事が必要です。

ひと月の目安1000円

婦人

ルテインは体の中に入ると目に蓄積され、ここで紫外線などの有害な光から眼球を守る働きを担ってくれています。
昨今、パソコンやスマートフォンが生活の中から切り離せないアイテムになりましたが、これらの画面からは目に大きな負担をかけるブルーライトと呼ばれる光が出ています。
ルテインはこのブルーライトからも目を守ってくれるため、現代人にとってなくてはならない成分だと言えるでしょう。
そんなルテインですが、体内で合成することはできないため、体の外から補う必要がありますが、食べ物でいえばほうれん草やケール、ブロッコリーなどに多く含まれています。
その他にもグレープフルーツや梨にも含まれていますので、野菜と果物を食生活に採り入れることが大事です。
とはいえ、毎日食べるのは大変ですので、継続して摂り続けるにはサプリメントがおすすめです。
ルテインのサプリメントの相場は、ひと月当たり1000円以上は必要というところがほとんどですが、たくさんのメーカーから出ていますので、相場は1000円以上からその上は3000円程度まで多種多様となっています。
値段が高いタイプはルテインだけでなく、ビルベリーなどの相乗効果を発揮する成分が一緒になっていることが多く、単体で摂りたいのか、それとも複合型で摂りたいのかによっても違ってきます。
毎月1000円は財布には厳しいという人は、物流や袋詰め方法などを見直してコスト削減に努めているところを探すと、相場の1000円より安くても、サプリメントそのものの評判はよいというものに出会えるでしょう。

サプリメントがおすすめ

女の人

加齢とともに目の機能は衰えていく傾向にありますが、若い世代でもスマートフォンやゲーム、パソコンなどで目を酷使する人が多く、目の不調を訴える人は少なくありません。
目の健康を維持するためには、目を適度に休める、目薬を使うなども効果的ですが、身体の内側から改善していくことも大切です。
目の不調がある人は目が必要としている栄養素が不足している可能性もありますので、食事も見直してみましょう。
目の健康に良い成分としてはブルーベリーに含まれるアントシアニンは特に有名ですが、そのほかにもビタミン類やアスタキサンチンなどがあげられます。
そして緑黄色野菜などに含まれているルテインも注目されている成分です。
ルテインはカボチャやニンジン、マリーゴールドなどに含まれている黄色の色素で、人間の体では目に多く含まれていることで知られています。
ルテインは網膜の変性を防ぎ目の健康維持に役立ちますが体内で合成されることはなく、加齢とともに体内から減少していくとされています。
それゆえ不足している分はしっかり補っていきたいですが、水に溶けにくく油に溶けやすい成分ですので調理の際は油と一緒に摂ることがおすすめです。
食事だけでは毎日ルテインを摂るのは難しいという人はサプリメントを活用してみることもおすすめです。
ルテイン単体のサプリメントもありますし、他の栄養素をバランス良く配合されている商品もありますので、購入の際は配合されている成分や含有量をよく確認して良い商品を選んでいきましょう。